資格の取得方法

大学生

様々な方法がある

聴く・食べる・飲み込む等、自然に行える事が様々な要因でできなくなる場合があります。生まれつきの障害や加齢による原因など様々ですが、その方々の治療や社会復帰を支援するのが言語聴覚士の仕事です。言語聴覚士の活躍する場は多岐にわたります。リハビリ職の1つですが、専門性の性質上学校等の教育現場でも活躍しています。医療・福祉・教育現場で専門性を発揮して、上記の支障がある方のリハビリや支援を行っています。言語聴覚士は国家資格であり、一般的には文部科学大臣が指定した学校を卒業しないと国家試験受験資格を得る事ができません。高等学校卒業なら3年または4年制の大学や専修学校に入学します。一般の4年制大学卒業で言語聴覚士を目指す場合は、2年制の大学院や大学の専攻科、または専修学校に入学します。以上が一般的な受験資格取得ルートですが、その他に2つルートがあります。1つが大学なので言語聴覚士に必要な科目を一定以上履修している場合です。その場合は指定校で1年間学ぶ事で受験資格が得られます。また外国で言語聴覚士に関する科目を履修した人は、厚生労働大臣が認めた場合には受験資格が得られます。どのルートでも最終的には国家試験に合格する事が必要になります。国家試験の合格率は近年では60%台で推移しています。この数字には既卒者も含み、新卒者の合格率は80%を超える程高いです。高い専門性から様々な分野から求められている、需要の高い職業の1つです。

Copyright© 2017 【国家資格が必要な職業】言語聴覚士の専門学校を選ぶコツを知ろう All Rights Reserved.