どのような専門家か

女性

コミュニティ能力も必要

言語聴覚士になるためには、国家資格を取得しなければなりません。その国家資格を取るための受験資格は、文部科学大臣が指定する大学又は短大を卒業するか、指定の養成学校を3年から4年通って卒業しなければなりません。もし一般の大学を卒業してからの人は、指定されている大学院または専科学校を2年通って卒業することで受験資格を得ることができます。言語聴覚士はどのような専門家となるのかといいますと、言語障害や聴覚障害など、生まれつき言葉の発達が遅れている人の訓練や、病気や怪我によって言葉が上手く話すことができなくなっている人のリハビリをサポートする、そのほか食べることや飲むことを飲食が上手にできるようになるサポートなどを行なう立場となります。言語聴覚士は、障害を抱えている人のサポートを行なうため、技術だけでなく人とのコミュニケーション能力も要される仕事となります。障害を抱えている人がリハビリを行なう際、その患者の気持ちはネガティブになることが多々あります。その気持ちを上手に支えながら、出来ないことをできるようにさせていくので、長い期間の勉強が要されるわけです。そのため、言語聴覚士の専門の授業のみならず、心理学や認知科学など、人間とかかわるための授業も学校で行なわれるといわれています。大学では一般的な授業の単位もとらなければなりませんが、養成学校となれば集中的に言語聴覚士に向けての勉強を行なうことができるので、どちらに通うかは自分のペースで取り組むことができそうな学校を選ぶと良いです。

Copyright© 2017 【国家資格が必要な職業】言語聴覚士の専門学校を選ぶコツを知ろう All Rights Reserved.