言葉と聴力の改善を担う

大学生

需要の高まりが期待される

言語聴覚士は、病気や傷害によって話すことや聴くことに問題がある人に対してリハビリを行い、言葉や聴覚の改善を図る職業です。またこの他、口やのどの状態を見ることに関連して、食べることや飲み込むことが困難な人に対して動作をうまくできるようにリハビリを行います。言語聴覚士は、理学療法士や作業療法士等の他のリハビリ職に比べて歴史が浅く、そのためその数は少なめです。しかし高齢化社会が進行し、脳卒中などの後遺症で言葉や聴覚に異常を訴える人が増えていることから、言語聴覚士の需要が高まっており、現在医療や福祉等の現場から多数の求人が出ています。このような状況があることから、言語聴覚士の人気が急上昇しているのです。言語聴覚士は、国家資格が必要です。言語聴覚士国家試験を受験するには、言語聴覚士養成課程がある大学や短大、専門学校で3年以上学び、その課程を修了することが条件となっています。つまり養成課程のある学校で学ばなければ、スタートラインにつくことが不可能なのです。なお、養成課程のない学校を卒業している人で言語聴覚士を目指すには、指定された大学や大学院の専攻科、もしくは指定の養成所において2年以上学ぶことで受験資格が得られます。言語聴覚士の人気が高まっていることから、養成課程のある学校が増えてきており、今では全国各地に存在しています。それぞれの大学や短大、専門学校によりカリキュラムや校風が異なる等があるため、進学先を選ぶ際には自分に合った学校を慎重に見極めることが必要です。

Copyright© 2017 【国家資格が必要な職業】言語聴覚士の専門学校を選ぶコツを知ろう All Rights Reserved.