女性

どのような専門家か

言語聴覚士になるためには国家資格を取得するため、その専門の勉強ができる大学に通うか養成学校に通うか、大学を卒業してから専科大学院に通うかしなければなりません。言語聴覚士は上手に話すことができるようにするサポートや飲食ができるようになるためのサポートをする仕事です。

ハート

専門的に学ぶ

言語聴覚士になるためには資格取得が必要です。専門学校に通いましょう。また、資格取得後の就職先も考えておく必要があります。学校から斡旋してもらえるようなところを探した方が無難です。主に医療機関や施設などで活躍することになります。

勉強

リハビリ分野の専門職

言語聴覚士は話す・聴く・食べるに不自由のある方をサポートする国家資格です。資格取得には、高校卒業後に所定の学校で学び、国家試験に合格する必要があります。就職先は大規模病院だけでなく、福祉や教育の分野にも広がりを見せています。

大学生

言葉と聴力の改善を担う

言語聴覚士は言葉や聴覚に問題がある人に対してリハビリを行いその能力の改善を図る職業です。言語聴覚士は歴史が浅く需要に供給が追いついていません。この状況から人気の高い職業となっています。言語聴覚士は国家資格が必要です。養成課程のある大学や短大、専門学校を修了することが国家試験を受験する条件です。

大学生

資格の取得方法

言語聴覚士になる為には国家試験に合格する必要があります。一般的には文部科学大臣が認める養成学校で学び、卒業する事で受験資格が得られます。他にも外国で言語聴覚士に関する事を学んでいたり、日本で学んでいた場合も受験資格が得られる可能性があります。

特徴で養成校を選ぶ

レディ

歳をとってからでも可能

リハビリの先生の中でもまだ人数が少なく、全国の病院から求人の多い言語聴覚士になるには、大学や専門学校などの学校で学んでから国家資格を取らなければいけません。現在も言語聴覚士になるための学校は増えていて、それぞれに特徴があるため学校の特色や自分の考えに近い学校を選ぶようにしてください。言語聴覚士は病院内でもステータスが向上していることから4年制の大学の専門科が年々増加しています。大学では言語聴覚士としての専門知識や技術の習得の他、一般教養を学んだり、大学生活で仲間を作ったりと社会経験を大きくつけることができます。国公立大学は偏差値が高いですが、大学附属病院で実践ができたり、学費が安いため人気になっています。3年制の専門学校に通うと最短期間で言語聴覚士になることができます。基本的に言語聴覚士の試験に合格することを集中して学ぶことになり、欠席が多いと授業の進度についていくことができないので、まじめに通うことができる人に向いています。入学試験はそれほど難しくありませんが、卒業まではしっかり勉強しなければいけません。他の専門の大学を卒業した人は、2年制の大学院や専門学校で専門知識を学ぶことで言語聴覚士の受験資格を得ることができます。言語聴覚士の仕事は他のリハビリの仕事のように全身を使うことはないので、体力的に女性や年齢を重ねている人でもできる仕事です。一生続けていける仕事になるので、新卒でなくても中途の採用もたくさんあるため、社会人になってからでも目指していける資格になります。

Copyright© 2017 【国家資格が必要な職業】言語聴覚士の専門学校を選ぶコツを知ろう All Rights Reserved.